色々な薬と瓶

タバコは百害あって一利なしとも言われるくらい体に与える影響が大きなものです。
しかし吸うことが癖になってしまうとやめられないという中毒性がありますし、中には健康を害してもやめる気はないという人もいるでしょう。
やめたいけれどやめられない、やめる気になれないという全ての喫煙者は禁煙をすることのメリットと喫煙をすることのデメリットを理解しておくことが大切です。
努力をしてやめることで得られるものがたくさんあるということが分かればそれがやる気に繋がるでしょう。

禁煙の効果とは

まず禁煙をすることのメリットですが、これは健康面だけではなく美容面に関しても数多く挙げられます。
一番大きいのは病気のリスクを下げることができるということでしょう。
タバコには様々な有害物質が含まれていますが、それらが血圧や脈拍、体温などの体内の機能を異常化してしまいます。
そのため禁煙をしただけでもこれらの機能が正常に戻ります。

体内の機能が正常化するということは病気のリスクを下げることができます。
例えば高血圧や動脈硬化などの血管に負担をかけるような状態になると心臓病や脳卒中などの様々な病気に直結してしまいます。
しかしこの血管への負担が軽減されることによってその後の大きな病気に繋がるリスクが減るのです。

次に味覚や嗅覚が正常の状態になります。
タバコには独特の香りがありますがこの煙が末梢神経の成長を止めてしまいます。
しかし禁煙をしたことで末梢神経が再成長を始め、味覚や嗅覚が改善されるのです。
これによってご飯が美味しく感じるようになります。

タバコを吸っている人が禁煙をすると途端に太りだしてしまうというケースが良くあります。
これはご飯が美味しく感じられるようになった表れでもありますし、タバコを吸わないことから口が寂しくなって余計に食べてしまうということが由来しています。
せっかく禁煙をして健康体になったのに食べ過ぎてしまっては再び病気を引き起こしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

そして美容面に関しては肌の状態が良くなったり、髪の毛にハリやツヤが出てくるといった効果があります。
タバコによって血管の状態が悪くなると栄養や酸素が体中を巡りにくくなります。
それによって肌はぼろぼろになり髪の毛も抜けやすくなったり、ぱさぱさで健康的ではない状態になってしまうのですが、禁煙をすることで血管の状態がよくなり血行も改善されるので美容面の改善も期待できます。

タバコが習慣化している人にとっては禁煙は非常に苦痛です。
吸えないことからイライラが募り精神的に不安定になってしまう場合もあるでしょう。
しかし禁煙による効果は開始20分程度から出始めます。
24時間も経てば汚れた肺が綺麗になり始めますし、体の状態も良くなってくるでしょう。
そうした実感を得ることができれば「頑張ってみよう」というやる気にも繋がります。

反対に喫煙の害について

「タバコは体に悪い」と言いますが、実際にはどのような害を及ぼしているのかを理解しなければ禁煙をしようという気にはなれないでしょう。

まずタバコの煙には4000種類以上の化学物質で形成されており、その中の約200種類が有害物質だとされています。
よく耳にする有害物質として挙げられるのはニコチンやタール、一酸化炭素などがあります。

これら有害物質の中には発がん性があるものもあり、タバコの中には約50種類以上も含まれているとされています。
当然タバコを吸えばがんになるリスクが高まると言っても良いでしょう。
そして喫煙者の約20%以上が発症すると言われている慢性閉塞性肺疾患は肺中の気管支に炎症が起き、呼吸がしづらくなります。
このようにがんという恐ろしい病気だけではなく肺などの呼吸器系のものなど多くの病気を発症する恐れがあるのです。

そして喫煙者は非喫煙者に比べて老けやすいと言われており、別名「スモーカーズフェイス」と言われています。
なぜ老けやすくなってしまうのかというのは、肌を美しく保つために必要なビタミンやタンパク質などの栄養素が活性酸素を追い出すことに消費されてしまい肌へのケアにまわらなくなってしまうからです。

特に女性に関しては女性ホルモンというものの分泌によってツヤのある肌や髪の毛を維持したり、メリハリのある体を作ろうとするのですが、喫煙をすることで女性ホルモンの働きが妨害され活性酸素が大量に発生してしまいます。
どんなに肌のために野菜や果物を食べてもタバコを吸っていれば美容のためにはならないということが言えます。

若さを感じるのは肌の状態や髪の状態などです。
若い10代や20代の人が化粧をしなくても若く見られるのはそれだけ栄養素がきちんと美容と健康のために使われているからです。
しかしタバコを吸うようになると栄養素の使われ方が変わるので一気に老けた印象を与える容姿に変わってしまう恐れがあります。

ストレスの軽減のために吸っている人や口寂しさから食べ過ぎを防止するために吸っている人など様々な喫煙者がいますが、たとえ吸っていなくてもその煙によって非喫煙者にも害を及ぼしている可能性があります。
非喫煙者も「吸っていないから大丈夫」ではなく周りでタバコを吸っている人がいたら煙を浴びないように気を付けなければなりません。

禁煙するとモテるのか

未成年者はお酒もタバコも禁止されているのでその体は非常に健康的です。
しかし大人への憧れを抱いている若者はなんとなくタバコを吸っている様がかっこいいと感じてしまい背伸びをしてタバコに手を出してしまう場合があります。
もちろん健康を害する恐れがあるという知識は持っているのですが、そのビジュアルに憧れてしまうのは若さ故だと言えるでしょう。

20代前半の大人の仲間入りをしたばかりの人はタバコを吸うことができる人やお酒が飲める人はモテる傾向にあります。
このときには健康の心配をする必要があまりありませんし、とにかく大人っぽく見せたいという願望の方が強いからです。

しかし年を取っていくと社会的モラルを気にしたり、数十年先も美しさや健康を保つためにはどうすれば良いのか、ということに目を向けるようになるので、20代後半くらいからは自分の健康や美容を大切にするようになります。
そのため害を及ぼすタバコを吸っている人を見てもかっこいいと思わなくなるのでモテない傾向にあります。

実際に吸っている人もモテないことは分かっているのですが、モテるために吸っている20代前半の頃とは違いストレス社会の中に身を置く者として手放すことができないものになっているから吸っているという喫煙理由にシフトしていきます。

健康的で自己管理ができる人の方が人間的にもモテますし、ルックスとしても肌や髪が綺麗で若々しく見られるので異性からモテるようになります。
年齢によってタバコへの印象は大きく異なるということを理解しておくことも重要です。

またタバコが習慣化してくると分かりやすく劣化してくるのが歯です。
歯が黄色く変色してきたり、喫煙によって歯周病を引き起こしてしまう可能性があるので年を重ねていく内に歯が抜け落ちてしまうという場合もあります。
歯が抜けるまで行くと人間的なだらしなさを感じてしまう人も多いでしょう。

タバコも安いものではないので欲のままに吸っているとどんどん浪費してしまうことになります。
結婚を考える人にとっては家計へのダメージや将来のことを考えると喫煙者はなるべく避けたいと思ってしまうものです。

若気の至りとしてタバコを吸うことはあっても、それを習慣化させてしまったり1日にたくさん吸うようでは良いことはありません。
いつまでも吸っていることがかっこいいという勘違いをしていると身も心も壊れていくことになるので注意しましょう。

記事一覧

喫煙というのは私たちが日常的に行っている行動の中で唯一良いことが一つもない行動といって良いでしょう。...

ニコテックスはジェネリック医薬品で、インドのシプラ(Cipla)社が提供しています。 シプラはインド...

煙草が体にとって様々な害を与えるのは誰もが知っていることですが、喫煙することによって肌にも悪影響を与...

タバコを持っている男性

禁煙の効果を知るには、喫煙の健康被害に関するデータの検証が有効です。 10年間の死亡率で比較した場合...

禁煙表示

ニコレットとはニコチンを含んだガムで、禁煙を助ける効果があります。 そもそも、禁煙中にイライラするの...

タバコの箱

タバコを吸うとタバコの煙に含まれるニコチンは肺の毛細血管から吸収され、脳に到達します。 ニコチンが脳...

薬を飲む男性

健康管理が何よりも重要視されはじめている昨今。 まだまだ健康に無頓着な人がいる一方、今までの生活習慣...