煙草が吸いたい!と思ったら禁煙のメリットを想像する

禁煙が辛くなって吸いたいという気持ちが強くなった場合は禁煙することによって得られるメリットを色々と想像してみましょう。
禁煙することによって得られるメリットとして真っ先に思い浮かぶのが健康面です。

たばこは人間が口にするもので唯一体にとって何のメリットもないものです。
煙草の中には無煤の有害物質が含まれています。特に有名な有害物質としてニコチンやタールがあります。

ニコチンは血管を急激に収縮させる働きを持っています。
血管が急激に収縮するとどうなるのかというと、血管を流れる血液の流れが悪くなります。
すると細胞に十分な栄養が与えられずに身体じゅうが段々老化していきます。

禁煙することによって血管の収縮が無くなります、すると細胞にどんどん栄養が流れるので細胞が元気になって若々しいハリのある身体が蘇ります。
もし喫煙中で老化の悩みを抱えている女性はどんなスキンケアよりも禁煙が一番身体にとっては効果的です。

また、血管が収縮して血液の流れが悪い状態が続くと、血管は酢良い力で血液を流そうとします、すると血管が硬くなって弾力が無くなります。
これが動脈硬化です。
動脈硬化によって硬くなって弾力が無くなると血管がもろくなり、突然破れたりしやすくなります。

また、動脈硬化によって血管内が詰まりやすくなるという悪影響もあります。
喫煙によって脳卒中や心筋梗塞、脳梗塞など命の危険を伴う急病を発症するリスクが高くなります。

これらの病気はいつ発症するか分かりません。
喫煙している人でこれらの病気を少しでも予防したいのであれば禁煙が最も効果的です。
煙草を吸わないようにするだけで脳疾患や心筋梗塞のリスクを一気に下げることが出来ます。

また、喫煙でとても翁影響を受けるのが口の中です。禁煙した多くの人が実感する効果に料理の味があります。
たばこを吸わなくなることによって食べ物の味がダイレクトに分かるようになり、同じ料理でも喫煙時とは比べ物にならないくらい美味しく感じることが出来るようになります。

大切なのは禁煙しようと思ったきっかけを忘れないこと

とはいえ、煙草に含まれているニコチンの依存作用は相当なものです。
いくら禁煙をすることによって得られるメリットがたくさんあることを理解してはいても、時には誘惑に負けてついつい煙草を吸いたいと思うことが禁煙をしていると訪れます。
それも一度や二度ではありません。

もしも禁煙によるメリットを十分理解していてもたばこを吸う誘惑に負けそうになったのであれば、自分が禁煙を始めようと思った一かけを想像してみましょう。

禁煙を始めようと思った理由は様々かもしれませんが、どんなことでも新しいことを始めるためにはやろうと思い立ったきっかけというものが必ず存在します。

煙草の値段が上がってきたから禁煙しようという理由でも全然構いません。
実際にたばこを止めることによって毎月数箱吸っていた人の場合は月々数千円の節約になります。
辛くなったら節約できたお金で楽しいことをするようにしてみても良いでしょう。

現在おこなっている楽しいことは禁煙をしたから出来るのだと考えれば禁煙に対する意欲も少しは出てくるのではないでしょうか。

喫煙場所が減ってきたからというきっかけも立派な始める理由になります。
最近では喫煙場所はどんどん少なくなっています。
たばこを吸っていると外出すればまず喫煙できる場所を探したり、その場所に行くために時間を取られます。

しかし禁煙をすれば喫煙場所を探したり、その場所に向かうといった無駄な時間が必要なくなるので、外出した際に自由な時間を最大限に使うことが出来ます。

このように禁煙によって得られるメリットは多岐にわたります。
自分が禁煙を始めようと思ったきっかけを忘れずに禁煙を続けていれば、必ず何らかのメリットを得ることが出来ます。

関連記事