チャンピックス(バレニクリン)の効果

タバコの箱

タバコを吸うとタバコの煙に含まれるニコチンは肺の毛細血管から吸収され、脳に到達します。
ニコチンが脳に到達すると、脳内のニコチン受容体に結合し、ドパミン(ドーパミン)という脳内物質を大量に放出します。
ドパミンは快感を感じさせる脳内物質なので、タバコを吸ってこの快感を体験すると、何度も快感を得ようとニコチンを欲しがるようになり、依存症につながっていきます。
そして、摂取量が増えてくると、脳内のニコチン受容体の数も多くなり、喫煙量も増えるという循環になっています。

このニコチンとドパミンの関係に注目した禁煙補助薬がバレニクリンです。
バレニクリンはタバコを吸ったときに、ニコチンが脳内でニコチン受容体に結合するのを妨害します。
これによりタバコを吸って得られる満足感が抑えられます。
また、バレニクリンがニコチンに代わってニコチン受容体に結合することで、放出されるドパミンが通常の約半分になります。
そのため禁煙に伴う禁断症状やタバコを求める気持ちが抑えられます。この2つの効果によって高い禁煙効果が得られます。

バレニクリンは現在チャンピックスという商品名で、ファイザーから販売されています。
チャンピックスは12週間かけて医師の指導の下で飲む薬で、禁煙を始める1週間前から服用を始めます。
この禁煙前の1週間の最初の3日間は1回0.5mgを1日1回食後、4日目から7日目までの4日間は1回0.5mgを1日2回朝夕食後服用し、禁煙を始めた後は1回1mgを1日2回朝夕食後に服用します。

服用量が増える4日目以降は吐き気、不眠症、異常な夢、頭痛などの副作用が出る可能性があります。
その場合、医師に相談する必要があります。

チャンピックスは禁煙外来の健康保険が適用可能ですが、13週目以降は適用できなくなります。
保険が適用できなくなった場合を含めて、安価で入手したい場合は通販での購入、個人輸入や輸入代行を利用して入手することが出来ます。

チャンピックスを個人輸入で手に入れよう

チャンピックスを個人輸入や代行サイトを利用して購入する際には、いくつかの抑えておきたいポイントや注意点があります。
リスクや不安を伴う海外サイトからの輸入になるので、知識を深める事は重要です。

まず、個人輸入を行う場合は海外サイトからの直接購入になります。
従って住所や決済方法はその国に準ずる事になります。住所の登録は英語等になる為注意が必要です。
ただし、日本語の住所を英語等に変換するの、インターネットを活用し変換手順を検索すれば容易に行えます。
決済方法は、日本の通販等で行える銀行振込や着払いがてきない場合が多いので、世界各国で使えるクレジットカードでの支払いがオーソドックスになります。
個人輸入の最大のメリットは、直接海外サイトからチャンピックスを仕入れる為、代行業者への仲介手数料が発生しなく安価に購入できる事です。

対して輸入代行は、日本サイトになります。住所の登録は日本語で良く決済方法も選択肢が多いのが特徴です。
業者を介している為、手数料は発生しますがその価値は十分にあります。
登録が容易な点を挙げましたが、その他にもトラブルの際のリスクが無くなるメリットがあります。
個人輸入の場合は、何らかのトラブルがあった時は、海外業者とのメール等でのやりとりが発生します。
言語に理解のある方は問題にはなりませんが、理解のない方はやりとりに苦労を強いられます。
代行サイトを利用すれば、その様なやりとりも行ってもらえる為、アフターフォローも考えると輸入代行には利点が多いです。

輸入での購入で大事なのは、正規品であることが絶対条件になります。
これは、バレニクリンには副作用が正規品でもある為ですが、類似品等を使用した際は効果の半減や異常な副作用を起こすリスクがあります。
購入の際は、十分なリサーチを行う事をおすすめします。

関連記事
アーカイブ
サイト内検索